風の海峡を歩いた日

海底トンネルを潜り抜けると下関。会食ではみな酩酊いちじるしく、パナマ運河式閘門が云々、宝塚歌劇の公演といえば云々、「中学生日記」は東野英心で云々、めいめい好き勝手なお喋りにふけって、その場のスナップ写真すら撮り忘れている始末。翌朝は唐戸市…